こんなところでも使われている?知れば工作機械がもっと身近に感じられる!

もし日本に工作機械がなかったら?

もし日本に工作機械がなかったら?

世界には数多くの企業があり、日本も様々な分野で活躍しています。そんな中でも日本の工作機械は特に注目を集めていて、群を抜いてハイレベルだといわれています。そんな世界に誇れる工作機械ですが、もし日本が1950年代に米国からの技術を取り入れていなかったらどうなっていたのでしょうか?
一説によると中国がその代替国になって開発を進めていたといわれていますが、技術的に無理だといわれています。そう考えるとドイツが代替国になっていた可能性はありますが、そうなるとアジア圏の経済的成長はこんなに急激ではなかった可能性があります。
特に精密機器に関しては、今よりも20年は遅れていたと比喩されていて、日本の工作機器の凄さがわかります。

工作機械の今後と課題

一見、順風満帆に見える工作機械産業ですが今後の問題点・課題は複数あります。国内に関してはまず海外営業拠点を拡充です。アジア圏には数多くの拠点を構えていますが台湾やポーランドなど、拠点を増やしながら多くの営業をしつつもテクニカルセンターを設けて販売拡大を目指しています。
またロボット産業が世界的なトレンドになり各国で技術を競い合っていますが、ロボット産業と提携を組める様にIoTを活用しながら発展していけば、工作機械はより新しい使い道が生まれます。作業用の工作機械に関してはAIを搭載したり、より効率的な働きを求める為に作業を細分化したりと様々な取組みが出ています。
生活に深く馴染んでいる工作機械ですが、今後も目を離せそうにありません。