こんなところでも使われている?知れば工作機械がもっと身近に感じられる!

工作機器はどうやって使っているの?

種類と使い方

工作機械には大きく分けると2種類に分かれます。加工やものづくりに関わる機械と、機械を作る機械、マザーマシンと呼ばれる機械があります。前者はマザーマシンによって生み出された機械で、プログラム通り加工や作業を行ってくれます。
マザーマシンは精密且つ複雑な機械を効率良く作る機械で、工作機械の母体になります。ちなみに日本ではこのマザーマシンを作る技術に長けていて、世界中から支持を受けています。
ものづくりに使われる機械にはいくつか種類があり、旋盤と呼ばれる円盤状の工作物を回転させながら加工していく機械です。この加工では面削り・中ぐり穴あけの可能が出来ます。他にもフライス盤・ターニングセンタ・放電加工機といった機械があります。

扱う為のスキルとは?

資格やスキルが無くても工作機械を扱える企業、業務はありますがよりプロフェッショナルな加工をするのなら資格が必要です。
NC旋盤工といって旋盤、マシニングセンタ、フライス盤を始めとする多くの工作機械を使って作業が出来ます。この資格があれば金属加工技能のレベルを証明出来るので、生産業や工場から重宝されます。
ちなみに機械加工技能士自体の難易度はそんなに高くないありません。3級は条件不問ですが最上位である特級は1級取得後、5年の実務経験が必要なのでコツコツと技術を重ねていかなければなりません。
また始めは資格やスキルが無くても企業でサポートしてくれるケースだったり、資格手当をつけてくれたりするところもあるので取得をおすすめします。