こんなところでも使われている?知れば工作機械がもっと身近に感じられる!

工作機械の歴史と概要

どんな業界で使われているのか?

工作機械が使われるのは主に生産業です。ものづくりの基礎となる工作機械は、工場に数多く設置されていて繊細な作業をしてくれます。工場といっても数多くあり、精密機器や組み立て産業、時には食品を扱っている工場に導入されるケースもあります。
人間では到底こなせない数の仕事を一寸の狂いも無く延々と作業してくれるのは、工業機械だから出来る業です。
近年ではIT産業やロボット産業にも進出していて、目まぐるしく活躍しています。工作機械自体は一般的に使われるものでは無く、まだまだ知名度は低いですが私達の生活に深く浸透している機械です。
別の項目でも説明していますが、仮に日本で工作機械が開発・浸透していなかったら、世界はこんなに豊かになっていないのかも知れません。

工作機械の役割

工場に設置されている工作機械ですが、その役割について説明していきます。まず工作機械は加工をする為の役割がほとんどで、素材を削ったり穴を開けたりしてベースを作っていきます。その出来上がったベースを組み立てて完成させるのがものづくりの基本です。
ここで加工する素材は人間の手では加工出来ないほどの強度を持つセラミックスやガラス、金属が含まれます。
工作機械によっては肉眼では見えないほどの小さな加工をほどこすタイプもあったり、ナノレベルの加工を行った上で有害なデブリと呼ばれる作業の際に排出されるごみが出ない様に動いたりしてくれます。
人の手だとかなりの時間を要する作業が、工作機械によって数秒で終わってしまう事も珍しくありません。