さまざまな工作機械の役割と使い方

こんなところでも使われている?知れば工作機械がもっと身近に感じられる!

工作機械は何の役に立っているの?

工作機械の歴史は長く、さかのぼると古代エジプトに行き着きます。ピラミッドの壁画には人が機械を使って工具を動かしている様子が描かれています。
しかしそれ以上の事はまだ分かっておらず、近代的な工作機械が使われ始めたのは1770年代のイギリスでした。経済の発展を促す機関車や紡績を支えるといった工作機械がほとんどで、それが18世紀以降、欧米でも開発される様になりました。現にこの年代に開発された工作機械は19世紀後半まで開発された機械のベースになっています。
その後、世界各国でも工作機械が使われる様になりました。日本で工作機械の開発や取り組みが行われる様になったのは1950年とほんの最近の事です。
米国で開発された技術を積極的に導入しながら開発に明け暮れ、1970年後半には日本が開発された工作機械が高く評価される様になっていました。そこから更に技術の導入・取り組み・開発を進めていき1982年には当時世界最大の工作機械の生産国といわれていた米国を抜いて世界一になりました。
その後バブルが始めたり、自動車産業が大きく発展したりしていく中でも粘り強く生き残りました。しかし2008年に起きたリーマンショックは日本の経済だけでは無く工作機械業界にも大きな影響を与えた事や、中国の経済が大きく成長した事があり少しずつ後退していき現代に至ります。
そんな歴史深い工作機械ですが、どの様な役割・使い方をすれば良いのかに着目しています。

工作機械の歴史と概要

その業界で無い限り「工作機械」というワードを使う事はほとんどありません。しかし工作機械は私達の暮らしには無くてはならないものですし、生活の基盤とも言えます。 縁の下の力持ちである工作機械がどんな役割を持っているのか?だったり、活用されている場所を公開したりしています。

工作機器はどうやって使っているの?

マザーマシンとも言われる工作機械ですが、実際はどんな使われ方をしているのでしょうか?いくつかの工程に分かれているので、工作機械の種類も含めて紹介しています。 これらの機械を使う為に、特殊な知識が必要になりますし思っている以上に繊細な技術です。

もし日本に工作機械がなかったら?

ものづくりをするにあたって必要な工作機械ですが、もし日本にこれらの機械がなかった場合どうなってしまうのでしょうか? 工作機械の大切さはもちろんですが、世界一に技術を持つ日本について説明しています。一般的にはまだまだマイナーですが、必要不可欠です。